切手体験.COM

食器買取業者でのマイセン「アーモンドの木」の買取価格

福ちゃんで食器の買取をしてもらった体験談

食器買取業者での、マイセンアーモンドの木C&Sの買取価格

マイセンアーモンドの木C&Sの買取価格はいくら

ここでは、食器買取業者で食器を売ったときの買取価格をお伝えします。今回は、マイセンの「アーモンドの木」という食器を買取してもらったときの買取価格を紹介しています。食器の買取価格は、その食器の状態や付属品の有無、相場の上下によっても変動するみたいなので、一概にはいえませんが、食器買取を検討している方はぜひ参考にしてください!

「マイセンアーモンドの木C&S」の食器買取業者の買取価格

マイセンアーモンドの木C&Sの買取価格紹介

マイセンの「アーモンドの木」という食器を、食器買取業者で買取してもらいました。ちなみに「C&S」とは「カップ&ソーサー」の略語として使わせてもらってます。

マイセンのブランド食器は、母がコレクションしていた食器が自宅に幾つかあり、整理のために数点買取に出しました。 その中でひときわ幻想的で目を引いたのが、マイセンのアーモンドの木でした。

食器買取業者でのアーモンドの木の買取価格は、カップソーサー1客で、なんと6万円もの買取価格を付けてもらうことが出来ました! アーモンドのカップは2客分あったので、合計で12万円もの買取価格です!

私が持っていたアーモンドの木の食器は、コレクション用で綺麗な状態だったのも評価してもらえたので、高めの買取価格になったみたいです。 幻想的なデザインで気に入ったブランド食器だったので、売ろうかどうか迷っていたのですが、出張買取で自宅に来てもらった査定員に見せたら上記の買取価格だったので、即決で買取してもらいました(笑)

ここからは、ネットで調べたアーモンドの木の概要などをご紹介していきますので、マイセンのアーモンドの木の買取を考えていない方も、ぜひ読んでみてください。

マイセンのブランド食器「アーモンドの木」について

マイセンアーモンドの木C&Sの特徴など

マイセンの「アーモンドの木」は、マイセンの有名デザイナー「ハインツ・ヴェルナー」氏が作ったブランド食器みたいです。 ハインツ・ヴェルナーといえば、こちらのアーモンドの木の他にも、アラビアンナイトやサマーナイトドリーム、ブルーオーキッドなど、マイセンの代表作を多数残したデザイナーとしても知られています。

ハインツ・ヴェルナーは1943年にマイセン製作所へ入りますが、すぐに頭角を現し、その10年後にはデザイナーとして広く認められるようになりました。 マイセンの食器買取においても、ハインツ・ヴェルナー氏が手掛けた食器は特に人気だそうで、高い買取価格相場になっているとのことでした。

マイセンの「アーモンドの木」は、まるで消えてしまいそうなほどに優雅なアーモンドの木が描かれている高級食器です。 マイセンの食器が好きな方であれば、きっとすぐに魅了されてしまうのではないでしょうか。アーモンドの木には花が咲いており、地面にも鮮やかな植物が描かれ、夢のような世界観をあらわしています。

アーモンドの木は、色合いが比較的落ち着いている食器シリーズのため、煌びやかで華やかなブランド食器ではありません。 ですが、まるで日本画のような美しい構図、心安らぐ色合いが美しい食器でした。カップソーサーの、ソーサーの方にも絵付けが施されていた点も、とても丁寧で繊細なつくりだと思いましたね。

ページ上部へスクロール