切手体験.COM

食器買取業者でのヘレンド「アポニーグリーン」の買取価格

福ちゃんで食器の買取をしてもらった体験談

食器買取業者での、ヘレンドアポニーグリーンC&Sの買取価格

ヘレンドアポニーグリーンC&Sの買取価格はいくら

ここでは、食器買取業者で食器を売ったときの買取価格をお伝えします。今回は、ヘレンドの「アポニーグリーン」という食器を買取してもらったときの買取価格を紹介しています。食器の買取価格は、その食器の状態や付属品の有無、相場の上下によっても変動するみたいなので、一概にはいえませんが、食器買取を検討している方はぜひ参考にしてください!

「ヘレンドアポニーグリーンC&S」の食器買取業者の買取価格

ヘレンドアポニーグリーンC&Sの買取価格紹介

ヘレンドの「アポニーグリーン」という食器を、食器買取業者で買取してもらいました。ちなみに「C&S」とは「カップ&ソーサー」の略語として使わせてもらってます。

私は、同じくヘレンドの「インドの華」という食器も買取してもらったんですが、このアポニーグリーン、インドの華の簡易版として誕生したデザインだそうですね! よく見れば変化は分かりますが、見た目の豪華さもアポニーグリーンで十分なくらいに綺麗な食器でしたよ!

食器買取でのヘレンドのアポニーグリーンの買取価格は、カップソーサー1点で1500円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! カップソーサーを4点まとめて買取してもらったので、合計で6000円の買取価格になりました。綺麗な状態だったのもあるかと思いますが、思ったより高い買取価格で売れたので良かったです。 (前置きとして、インドの華より買取価格が下がってしまう…とのことだったので覚悟はしていたんですが、思ったより高くで買取してもらえて嬉しかったです!)

ですが、やっぱりインドの華の方が高額な買取価格になったのが印象的でした。 ですが、見た目の豪華さはアポニーグリーンも十分なので、食卓を飾るならアポニーグリーンでも十分すぎます! 購入するときの価格帯も、アポニーグリーンのほうが安いみたいですし・・・(それでも十分すぎるほど高額です!)

アポニーグリーンの方がお安く入手できるので・・・との旨の表記を見かけることもありますが、確かにインドの華と比べると価格帯は低いですが、それでも”お安い”なんてとんでもないブランド食器です! なので、アポニーを売る際は、ぜひとも信頼のおける食器買取業者さんへ依頼してくださいね。(私おすすめの食器買取業者は、トップページで紹介しています。)

ここからは、ネットで調べたアポニーグリーンの概要などをご紹介していきますので、ヘレンドのアポニーグリーンの買取を考えていない方も、ぜひ読んでみてください。

ヘレンドのブランド食器「アポニーグリーン」について

ヘレンドアポニーグリーンC&Sの特徴など

ヘレンドの「アポニー」は、昔にヘレンドに注文した侯爵の名が付けられたブランド食器のシリーズです。 ”アポニー”侯爵は、大切なパーティを急遽開くことになり、客人を迎えるための新しい食器セットが必要になりました。そしてヘレンドへ急ぎで注文し「絶対に間に合わせるように」との念を押します。 なにぶん急な申し出だったので困ったヘレンドですが、既存のデザイン「インドの華」の一部を切り取ったデザインで応用を図ることで、短期間での生産に成功します。

1860年代後半に生まれたヘレンドのアポニーですが、白磁とのバランスの良さもあってか、今でも世界的ベストセラーのブランド食器として知られています。

ヘレンドのアポニーシリーズには、私が買取してもらったグリーンの他にも、ピンクやイエロー、ターコイズ、ライラックなど様々な色展開が存在するそうです。 グリーンとはまた違った雰囲気になりそうで、どうやってテーブルをコーディネートするか、考えただけでもわくわくしますね。

ページ上部へスクロール