切手体験.COM

食器買取業者でのヘレンド「インドの華」の買取価格

福ちゃんで食器の買取をしてもらった体験談

食器買取業者での、ヘレンドインドの華C&Sの買取価格

ヘレンドインドの華C&Sの買取価格はいくら

ここでは、食器買取業者で食器を売ったときの買取価格をお伝えします。今回は、ヘレンドの「インドの華」という食器を買取してもらったときの買取価格を紹介しています。食器の買取価格は、その食器の状態や付属品の有無、相場の上下によっても変動するみたいなので、一概にはいえませんが、食器買取を検討している方はぜひ参考にしてください!

「ヘレンドインドの華C&S」の食器買取業者の買取価格

ヘレンドインドの華C&Sの買取価格紹介

ヘレンドの「インドの華」という食器を、食器買取業者で買取してもらいました。ちなみに「C&S」とは「カップ&ソーサー」の略語として使わせてもらってます。

インドの華は「マイセン」と「ヘレンド」の2種類があるそうですが、我が家にあったのは「ヘレンド窯」の方のインドの華でした。 ヘレンドのインドの華は、シャープで植物模様らしいデザインです。マイセンのインドの華の方は、葉の絵付けが丸っこくて、デフォルメされた可愛らしい図柄に感じました。

ヘレンドのインドの華はグリーンが最も定番らしく、私が持っていたのもグリーンのインドの華でした。食器買取での買取件数もグリーンが一番多いらしいのですが、他にもピンクやイエローなど様々な色展開があるようですよ。

私が食器買取に出したヘレンドのインドの華の買取価格は、カップ&ソーサー1客で5000円の買取価格が付きました! 同じくインドの華シリーズのティーポットも買取してもらったんですが、どちらも綺麗な状態だったということもあり、ポットの方は15000円の買取価格を付けてもらうことが出来ました。

買い取ってもらったインドの華は、カップソーサーが6客、ティーポットが1個だったので、合計45000円の買取価格になりました! 他にもたくさん食器を買取してもらっているので、買取価格をプラス査定してくれたのかも知れませんが、思ったよりも高額な買取価格に嬉しい気持ちになりました♪

ティーポットとカップソーサー6客は、他のお客さんが来てくれたときにも一式で出せるので便利なんですが、ヘレンドのインドの華は結構な高級食器なので気を使いますし、金彩が剥がれてしまわないか不安で、結局使用する機会に恵まれなかったんですよね。 我が家には大量のブランド食器が他にもあるので、自然と使う食器は限られ、あとは観賞用になってしまいました・・・。 ですが、綺麗な状態の食器は食器買取でも高額な買取価格がつきやすいので、使わない食器なら綺麗なうちに!食器買取に出されるのがおすすめですよ。

ヘレンドのブランド食器「インドの華」について

ヘレンドインドの華C&Sの特徴など

ヘレンドのインドの華は、鮮やかなグリーンで植物模様が全体的に描かれている食器で、ヘレンドの定番デザインです。 ヘレンドのインドの華の歴史は長く、なんと1840年代から作られているシリーズだそう!ナポレオン3世の妃、ユージェニーがとても気に入っていた食器だったことで有名ですね。 インドの華は、1867年開催の世界万国博覧会に出品されていた食器のため、知名度も高く、世界的にも広く知られたシリーズだったみたいです。

ヘレンドのインドの華は、実は日本の作家「柿右衛門」のデザインから着想を得た食器といわれています。 中国やペルシャのデザインの影響を大きく受けてきたヘレンド窯が、ジャポニズムを採用するのはかなり珍しかったみたいですよ。当時のヨーロッパではジャポニズムが大流行していたそうで、日本人の私にとっては、なんだか嬉しい気分になったのでした。

ヘレンドは昔から全ての工程がハンドメイドという貴重なブランドで、食器買取でも高い買取価格がつくことが多いそうです。高いものだと数十万円の買取価格がつくものもあるらしく、幅広いシリーズが展開されているそうです。

また、インドの華を応用して生まれたデザインが「アポニーグリーン」ですが、こちらもヘレンドの代表的な食器シリーズとして知られていますよね。

ページ上部へスクロール