切手体験.COM

食器買取業者でのマイセン「インドの鳥」の買取価格

福ちゃんで食器の買取をしてもらった体験談

食器買取業者での、マイセンインドの鳥C&Sの買取価格

マイセンインドの鳥C&Sの買取価格はいくら

ここでは、食器買取業者で食器を売ったときの買取価格をお伝えします。今回は、マイセンの「インドの鳥」という食器を買取してもらったときの買取価格を紹介しています。食器の買取価格は、その食器の状態や付属品の有無、相場の上下によっても変動するみたいなので、一概にはいえませんが、食器買取を検討している方はぜひ参考にしてください!

「マイセンインドの鳥C&S」の食器買取業者の買取価格

マイセンインドの鳥C&Sの買取価格紹介

マイセンの「インドの鳥」という食器を、食器買取業者で買取してもらいました。ちなみに「C&S」とは「カップ&ソーサー」の略語として使わせてもらってます。

マイセンのインドの鳥、とても綺麗なカップだと思いませんか?人によっては「インドの花と鳥」と呼ぶこともあるらしく、素敵な名前ですよね。 実は、マイセンのインドの鳥は、食器買取の買取査定のときに「こんな食器あったんだ!」と初めて気づきました。母が持っていた食器なんですが、それほど大量の食器を持っていたんだとお察しください…(笑)

マイセンのインドの鳥は、食器買取で買取価格を付けてもらったんですが、私が気に入ってしまったので、そのまま私がもらうことになりました。こうした臨機応変な対応も受け付けてもらえるところが、出張買取査定の長所だなと思いましたね。

というわけで、マイセンのインドの鳥、実際には買い取ってもらっていない食器なんですが、そのときに付けてもらった買取価格を紹介致します。 マイセンのインドの鳥は、カップ1客で8000円の買取価格をつけてもらいました!母が持っていたのはこのカップ1客のみだったんですが、使う機会がなくて、綺麗な状態で眠っていました。

ここからは、ネットで調べたインドの鳥の概要などをご紹介していきますので、マイセンのインドの鳥の買取を考えていない方も、ぜひ読んでみてください。

マイセンのブランド食器「インドの鳥」について

マイセンインドの鳥C&Sの特徴など

マイセンのインドの鳥は、エキゾチックなインド文様と鳥の絵が描かれた食器です。こうしたエキゾチックな模様は、中国や日本から着想を受けた「シノワズリ」というらしく、素敵なデザインですよね。 マイセンは、実は西洋で初めて白磁の食器を作ったブランドです。当時、白磁食器を作る方法は西洋には伝わっておらず、中国や日本との貿易を通じて運ばれてくる白磁食器たちは、貴族たちの憧れの的だったそうですよ。 そのため、昔の西洋食器には中国や日本の食器を模したものも多く、それらのデザインが「シノワズリ」と呼ばれているのです。

マイセンの「インドの鳥」に描かれているインド文様は、19世紀に誕生したものだそうです。自然の風景を、マイセンならではの美しい表現でデザインしています。 インドの鳥のカップの持ち手には、葉っぱと茎のような?くじらの尻尾のような?モチーフが採用されています。こうした一捻りあるポイントも素敵だなと思いました。

食器買取業者で買取対象となっているマイセンの食器は、他にも多数ありますが、同じようなシノワズリのデザインの食器はたくさんあります。 特に有名なのが「柿右衛門様式」や「インディアンフラワーバード」「バタフライ」などが知られていて、マイセンコレクターの中でも高い人気を誇るそうですよ。

ページ上部へスクロール