切手体験.COM

食器買取業者でのマイセン「ピンクローズ」の買取価格

福ちゃんで食器の買取をしてもらった体験談

食器買取業者での、マイセンピンクローズC&Sの買取価格

マイセンピンクローズC&Sの買取価格はいくら

ここでは、食器買取業者で食器を売ったときの買取価格をお伝えします。今回は、マイセンの「ピンクローズ」という食器を買取してもらったときの買取価格を紹介しています。食器の買取価格は、その食器の状態や付属品の有無、相場の上下によっても変動するみたいなので、一概にはいえませんが、食器買取を検討している方はぜひ参考にしてください!

「マイセンピンクローズC&S」の食器買取業者の買取価格

マイセンピンクローズC&Sの買取価格紹介

マイセンの「ピンクローズ」という食器を、食器買取業者で買取してもらいました。ちなみに「C&S」とは「カップ&ソーサー」の略語として使わせてもらってます。

マイセンのピンクローズとは、その名の通り、綺麗なピンク色のバラが描かれている食器です。西洋食器の図柄の中でも、バラの絵は特に代表的なデザインで、母が飾っていたカップの中にもバラの絵のものがよくありました。 マイセンやヘレンド、果ては大倉陶園までそれぞれのブランドの特色が出ていて、見ているだけでも面白い図柄ですよね。

食器買取業者の査定員さんによれば、マイセンの中でも、バラが描かれたシリーズはかなり細分化されており、食器買取においてもそれぞれで買取価値が異なるようでした。 例えば、「自然主義」と呼ばれている花のシリーズは、とても絵が精密なことで有名です。イコール、絵付けにもとても手間が掛かり、食器の価値も高くなるそうですよ。

私が買取してもらったマイセンのピンクローズのカップソーサーは、1客で15000円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! マイセンのピンクローズに至っては、カップソーサー1客とプレートを買取してもらったんですが、プレートの方は8000円の買取価格を付けてもらえました。

マイセンの「自然主義」のピンクローズになると、食器買取での買取価格が3万円をこえることもあるそうで、かなり価値の高いカップであることがうかがえました。 自然主義シリーズは、描くことが出来る絵付師の方も限られていて希少価値がかなり高いので、買取の際は複数の食器買取業者相見積もりを取られてみたほうが良いかも知れませんね。

ここからは、ネットで調べたピンクローズの概要などをご紹介していきますので、マイセンのピンクローズの買取を考えていない方も、ぜひ読んでみてください。

マイセンのブランド食器「ピンクローズ」について

マイセンピンクローズC&Sの特徴など

マイセンのピンクローズとは、美しいピンクのバラが描かれたブランド食器のシリーズです。 「ローズ」は、マイセンを代表するデザインのひとつでもあり、他にも「スキャタードローズ」や「ローズガーランド」など種類がたくさんあるそうですよ。

絵付師がマイセンへ入り、一番最初に取得するのが花の絵だそうで、マイセンにとって、それほど花の図柄は基本・基礎なんですね。 マイセンは今も食器の絵付けは全て手描きで、ペインターやその時々の絵付けにより、花の造形や表情が少しずつ異なります。 そうした点もマイセンの魅力のひとつで、古くから伝統を受け継ぐ名窯ならではの良さがあります。

マイセンのローズは、実は1700年代からある由緒正しきデザインで、今も昔も変わらない魅力を有しているんです。 マイセンにはピンクローズの他にも、イエローローズやブルーローズなど各種があり、好みに応じて楽しむことが出来るのも魅力のひとつですね。

食器買取でもマイセンのピンクローズは買取対象となっており、流行り廃りがあまりない定番のデザインのため、買取相場も比較的安定しているようです。 マイセンのピンクローズは世界各国で愛されるブランド食器ですので、不要であれば是非、食器買取を検討されてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へスクロール