切手体験.COM

食器買取業者でのマイセン「Xフォーム」の買取価格

福ちゃんで食器の買取をしてもらった体験談

食器買取業者での、マイセンXフォームC&Sの買取価格

マイセンXフォームC&Sの買取価格

ここでは、食器買取業者で食器を売ったときの買取価格をお伝えします。今回は、マイセンの「Xフォーム」という食器を買取してもらったときの買取価格を紹介しています。食器の買取価格は、その食器の状態や付属品の有無、相場の上下によっても変動するみたいなので、一概にはいえませんが、食器買取を検討している方はぜひ参考にしてください!

「マイセンXフォームC&S」の食器買取業者の買取価格

マイセンXフォームC&Sの買取価格紹介

マイセンの「Xフォーム」というブランド食器を、食器買取業者にて買取してもらいました。(ちなみに「C&S」とは、”カップ&ソーサー”の略語として使わせてもらっています)

私はこのブランド食器の名称は知らなかったのですが、食器買取の際に査定員の方が「これは「Xフォームという種類です」と教えてくれました。 まるでバルーンのような素敵なシルエットで、いかにも高級そうな食器だな、と思っていました。 母がコレクションしていたマイセン食器のひとつで、主に観賞用に保管していたため、金彩もとても綺麗な状態で残っていました。ただ、カップ1客しか持っていなかったため、使う機会に恵まれず、今回の断捨離で買取対象となったのでした。

食器買取でのマイセンのXフォームの買取価格は、カップ&ソーサー1点で、なんと5万円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! マイセンのXフォームは、コレクションとして綺麗な状態で残っていたこと、そしてカップソーサーというより、厳密にいうと「トリオ」状態だったことも買取価格として評価してもらえたみたいです。 カップソーサーだと、カップについているソーサーは1枚ですが、「トリオ」だと、カップ1点・ソーサー2点が付いています。だから「トリオ」というらしいですよ。

食器買取の査定員さんによると、マイセンの他にも、こうしたトリオの商品を展開している食器ブランドは沢山あるとのことで、通常のカップソーサーより買取価格が高くなりやすいとのことでした。

ここからは、ネットで調べたXフォームの概要などをご紹介していきますので、マイセンのXフォームの買取を考えていない方も、ぜひ読んでみてください。

マイセンのブランド食器「Xフォーム」について

マイセンXフォームC&Sの特徴など

マイセンの「Xフォーム」とは、美しい金彩を豪華にあしらった高級食器です。 マイセンならではの美しい絵付けの他、ふっくらとした個性的な造形美も高く評価されていて、食器買取の中でもかなり買取価値が高い種類だそうです! Xフォームで綺麗な状態のものは、買取後もすぐ売れてしまう人気の食器みたいですが、納得の美しさでしたよ♪

私が買取してもらったマイセンのXフォームは、小花の柄が描かれた白い食器でしたが、他にも様々なペイントのものがあるそうです。

ネットでXフォームを調べていて、素敵!と思ったのは、紺色と白い小花柄が交互に描かれたもので、まるでサーカスのテントのような華やかさに目を奪われました。 マイセンのXフォームは、カップソーサーの他にも、ティーポットやシュガーポット、クリーマーなどがありましたが、どれも造形が綺麗で、西洋の芸術美を感じることが出来ました。 また、マイセンにはXフォームの他にも「Bフォーム」という食器もあるそうで、画像で見ただけですが、そちらもとっても美しい食器でしたよ。

ページ上部へスクロール